2年目へのフォローアップ

桜の花も散り、新入社員が入ってきたこの時期、教育体制が整っていない会社は大変ですよね。

プレイヤーが教えると、その穴埋めが必要になってくるので非常に忙しくなります。

新しい期を迎え、スタートダッシュもしなければいけないこの時期、ひそかに心のケアが必要な世代がいるのです。

それは、2年目の社員(去年の新入社員)です。

2年目が抱えるプレッシャー

職種にもよりますが、まだまだひよっこの域の人が多いと思います。

そんな2年目はこんなプレッシャーを感じているのです。

・先輩からや新人からの言葉・態度
・2年目の実績目標の厳しさ
・同期の成長の差

新入社員も入社し、先輩としての言動を求められます。

さらに、新入社員とは違い、守られた環境では無くなり、前線部隊としての実績をも求められます。

会社内での環境が大きく変わってしまうのです。

また、同年代との差もはっきりとわかるようになっているので、変な競争心や劣等感が出てしまい、プレッシャーを生み出してしまうのです。

だから2年目になった社員の心のフォローアップが重要になってくるのです。

2年目に目が届かない理由

2年目は辞めていく人が多いと言います。

それは、実際に現場に出て感じたギャップの大きさや、やりがいを感じ方の違いなどがよく言われます。

そして、多くの会社はこのことについて、認識しているのではないかと思います。

しかし、認識はしていても2年目のフォローアップまでできている会社は少ないんじゃないでしょうか?

それはなぜか?

教育プログラムとして、1年目の新入社員に目が向いているからです。

教育プログラムのしっかりとしている会社では、2年目の教育体制もしっかりできていると思いますが、そこまでできている会社は少ないでしょう。

それほどに新人教育というものにお金が掛かるからなんです。

・教育担当者ができるであろう実績

・教材や研修費用、教育場所

・教育を受ける人

3、4人程度の新入社員で、少なく見積もっても月間150万以上はお金が掛かります。

さらに外部研修の種類によってはさらに跳ね上がります。

ですので、会社の規模によってはそこまでお金を捻出できません。

1年間教えるのもやっとという会社が多く、入社早々に現場へぶち込みってところもあるでしょう。

そういう訳で、現実的には余裕のある会社でないと2年目まで目が行き届かないんです。

 

では、そういう会社の2年目はどうなるのか?

現場のリーダーやチーフに丸投げになることが多いのではないかと思います。

 

現場ではリーダー、チーフは新人の教育者のために抜けた穴を埋める為に忙しい。

結果、2年目は放置状態。

周りの空気も忙しく、2年目は自分で悶々と悩む、そして疲れてしまう。

2年目のフォローアップの先に

2年目を取り巻く空気は1年目に比べて厳しいものになっているはずです。

そして厳しい人はこう言います。

これくらいで疲れるなら大した人材じゃないんじゃない?
根性ね~な~、これから先無理だろ?

大間違いです。

いろいろ考えるから疲れるんです。

言い換えれば考えることが出来る人材なんです。

 

確かにストレス耐性は低いかも知れません。

しかし、適切なフォローで経験を積めばストレス耐性もできてきます。

しかも乗り切った時には、「考える」という行為が前よりもできるようになっているはずです。

なぜなら、自分自身という教材とリスクを使って「考える」実習をしたからです。

この上ない実践教育ですよね。

座学教育よりも格段の効果が見込めます。

 

そして、それを実践教育をする人にも学びのチャンスが産まれます。

ピンチはチャンスです。

・疲れている2年目をどれだけ見抜くことができるのか?
(コミュニケーション、問題発見など)

・その2年目にどれだけ適切なフォローができるのか?
(傾聴、問題解決、指導など)

・2年目はそのフォローを受けて何を学ぶのか?
(可能思考、傾聴、感謝など)

・この教育の間に周りはどんなフォローをするのか?
(コミュニケーション、計画など)

先輩社員にとっては、いろいろなスキルを磨くチャンスになりますよね。

特に、リーダーなどの管理職を目指す人には必要不可欠なスキルです。

それを身に付けることが出来るんです。

こんなチャンス、今の時期しかないですよ!

 

先輩社員にお願いです。

ちょっとでいいです。

2年目を気にかけてやってください。

自分自身の成長にもつながりますよ?

 

(。´・ω・)ん?

あなたは・・・

2年目の方?・・・

あ~そうですか・・・

・・・

甘えてんじゃないよ!(# ゚Д゚) ゴルァ!!!