転職を悩むあなたに…4つの選択肢が人生を変える

会社勤めをしていると、転職という文字が頭をよぎり悩むことが有ります。

今回は転職をしようか悩むあなたに、4つの選択肢の選び方をご紹介します。

転職という2文字は、会社勤めをしている人であれば1度は考えたことがあるのではないでしょうか。

  • 人間関係がうまくいかなかない。
  • お給料が少ない、上がりそうにない。
  • 今の仕事が面白くない。

こんな苦労話が出てくるたびに、転職という考えが出てきてしまいます。

 

しかし、

  • 家庭のことを考えるとなかなか転職できない。
  • この会社を辞めたとしても、次に転職できるとは限らない。
  • 今は苦しいけど、後々良くなるかもしれない。

なんて思ってしまって、転職を悩んでしまいます。

できれば転職なんかしたくないでしょう。

条件が良ければ転職する必要なんてないですからね。

それに、もし転職するとしても、今よりも良い会社に入らないと意味が無いですからね。

転職を悩んでしまうのも当然のことなのです。

 

私は思い立ってすぐに転職したことも、すこしガマンをして転職したことも、長く勤めたことも有ります。

今回はその経験に基づいて、転職の4つの選択肢の選び方をご紹介します。

きっとあなたの抱える転職の悩みを解消できるはずですよ。

悩んでまで転職しようとする理由は?

あなたが転職しようとする理由はなんでしょうか?

選択肢を決める前に、理由ははっきりしておかなければなりません。

曖昧なままで転職するしないを決めてしまうと、後々後悔することになりかねないからです。

 

案外、転職しようと思うのは一時の心の迷いの時が多いです。

私もそうでした。

実際に転職してしまってから「しまった」って思いましたからね(笑)

瞬間的な心の迷いは強いのです。

ですので、あなたが転職する理由ははっきりとしておきましょう。

転職する理由を全て書き出す

転職しようと思う時は大抵、いくつもの不満や不安を抱えています。

理由はこれだけだという事は少ないのです。

思いつくまま、理由を書き留めましょう。

どんな小さなことでもかまいません。

全て書き出してください。

書き出した理由を並び替える

書き出した転職する理由で、優先度の高いものから並べてください。

目安としては、

  • これだけは譲れない
  • 辛すぎる
  • 納得できない、許せない

など、優先的に解決しなければならない順番です。

並び替えた理由が解決できるか考える

次に並び替えた理由が解決できないかを検証していきます。

人、場所、時間などいろいろ有ります。

例:

【人】その理由は誰かに相談しましたか?

【場所】部署異動や転勤は解決策になりませんか?

【時間】1年後、2年後も同じ以下の状況ですか?

特に給与面や仕事内容などは、転職後のことも考えましょう。

いざ転職してみて、

  • 給料は多くなったけど、働く時間が増えた
  • 働く時間は減ったけどやりがいは無くなった
  • 結局やりたい仕事ができない

なんてことは良くある話です。

私も経験しました。

もっと面白い、やりがいのある仕事がしたくて転職したのに、もっと面白くない仕事に就くことになってしまったんです。

今となれば、良い経験だったと、その経験が有るからこの記事が書けるんだと思えるようになりました。

しかし、皆がそう思えるようになるとは限りません。

本当にその理由は解決できるのか。

しっかりと考えてみてください。

その上で次の選択肢へ進んでください。

転職せずにこの会社で頑張る

解決策が見つかった又は、何とかなりそうなあなたは、転職するべきではありません。

もしかしたら、この先不満や不安に思うことが出てくるかも知れません。

その時はもう一度、転職する理由を洗い出して考えれば良いのです。

今、転職してしまうと、後悔する可能性が大きいですよ?

様子をみて転職をする

解決策があやふや、ハッキリしない、解決の期待ができないのであれば、転職に向けて準備はしておきましょう。

あなたの勘違いや思い込み、一時的な迷いかも知れません。

しかし、後ろ向きなままという事は、それだけ心の闇が深いのです。

闇が深ければ、将来にも響いてくるはずですからね。

 

ただ、すぐに決めずに保留にしておきましょう。

本当に一時の迷いで心が弱っているだけかも知れませんので。

案外時間が立てば復活することも有るものなんです。

その上でいろいろ準備をしておきます。

  • 転職エージェントなどに登録して情報を集める。
  • 本や講座などでスキルを磨く。
  • 副業を始める。

転職という道が見えていますよね。

当然、情報は集めるべきでしょう。

自分のしたい業界の賃金や労働条件を調べる絶好の機会です。

案外、自分の会社が一番良いかも知れません。

 

また、収入も有るうちに準備ができますので、余裕もできます。

ご家庭が有る場合は、奥様にご心配をかけることが少なくなりますからね。

 

副業は会社によっては禁止されているところも有るので、事前に就業規則を調べるか、バレないようにしましょう。

早期に転職をする

その理由がどうしても解決できなくて耐えられない、身体的に異常が出ている場合は早期に転職した方が良いでしょう。

もしかしたら、転職の前に休養を取らなければならないかも知れません。

体が資本です。

病気になってしまっては、仕事ができなくなってしまいますからね。

 

その時は必ず信頼できる誰かに相談をするようにしてください。

同僚や上司、とびきり役職が上の上司でも良いでしょう。

会社全体が相手の場合は家族でも、親友でもかまいません。

もし周りにいなければ、ネットの世界でも有りです。

とにかく誰かに助けてもらいましょう。

 

「迷惑を掛けるから」なんて言ってちゃダメですよ。

もし、何かあったら周りにもっと迷惑を掛けるんですからね。

体を壊して、家族や仲間に迷惑を掛けてしまった私が言うのだから、間違いありません(笑)

転職ではなく独立起業

もし、組織いうものにどうしても耐えられない場合は一人でするしかありません。

また、自由が欲しいという道を選びたい人もこの選択肢を選ぶでしょう。

しかし、すぐに独立は到底無理です。

しっかりと準備をして、1年以上の稼げる見通しがついてから始めるべきです。

いざ一人ですると分からないことだらけで、思っていた以上に何も進みません。

会社で生計を立てているのか、準備していたもので生計を立てているのかが分からなくなる位がちょうど良いでしょう。

会社は良くも悪くも保証されていますからね、

悪い言い方ですが、しっかりと利用しましょう。

転職を悩むあなたへ…まとめ

まとめ…

  • 転職しようと思った理由をしっかりと把握する。
  • 本当に転職が必要か、それとも不必要か見極める。
  • 転職ではなく独立もあり得る。
  • 緊急性のある場合を除いては、少しガマンして、準備をするべきである。
  • 一人で悩まず、誰かに悩みを聞いて貰う。

 

転職は人生の一大転機の一つです。

私の経験だけで言うと、転職ごとにツライ状況になっていきました。

 

しかし、こころの持ち方ひとつでそれも変わります。

転職は選択肢の一つですが、独立起業も一つの選択肢ですし、残るのも選択肢です。

どの選択肢を取っても後悔することも有りますし、良かったと思えることも有ります。

その中でも一番大事だと思ったことは、事前準備を怠らないことです。

事前に準備をしておけば大体のことに対応できます。

選択肢が決まったら、しっかりと準備をしておきましょう!